1180x380

交通事故専門弁護士の
メリット・デメリット|西東京市ひばりヶ丘

交通事故の交渉を弁護士に委任するメリット・デメリット

弁護士に委任するメリット

・面倒な交渉を任せられる
・賠償請求金額が高くなる

 

弁護士に委任するデメリット

・弁護士費用がかかる

 

弁護士に委任するメリットについて

1・交渉を任せる

事故後、相手の保険会社とのやり取りは交渉です。

保険会社はサービス業だし、「こちらが被害者だから多少の無理を聞いてくれる・・・」と思っているかもしれませんが、どこかのお店で物を買うのと違うのです。

そんな心地のよいことはありません。保険会社の担当者は、大企業の社員だからといっても「いい人」ばかりではありません。たとえば、心無い言葉を投げかけられることもあります。

説明もなく専門用語や慣習で話を結論付けようとされるときもあります。保険会社はなるべく少ない額にしたいので当然といえるかもしれません。

そんなとき精神的ストレスやプレッシャーを感じることになります。また損害の証明となる書類を自分で集めたりする必要もあります。

相手になる保険会社が専門家なら、わずらわしく面倒な交渉を自分でするよりも法の専門家である弁護士にお願いしたほうが時間的にも精神的に楽になります。

2.賠償請求額が裁判基準になる

保険会社が提示してくる賠償額は、保険会社基準によるものです。

しかし、この提示される金額は、同様のケースで裁判所に認められる金額よりも低い金額なのです。

弁護士にお願いすれば弁護士会の基準・裁判の基準での賠償を受けられるよう交渉してもらえます。

また、保険会社との交渉が決裂した場合、裁判や調停などの次なる救済手段も相談に応じてくれます。

 

反対にデメリットはないのでしょうか?

1.弁護士費用を負担する必要があります。

弁護士さんへ依頼・委任するのですから、その費用、弁護士費用がかかります。

弁護士抜きで賠償額の増額を図るのは難しいですが、弁護士が交渉することに賠償基準が変わります。

だから、保険会社と単独で交渉しているときより、賠償金額が目減りすることはないでしょう。

また、弁護士費用を300万円まで負担する「弁護士費用特約」などを使えば、経済的負担は少なくなると思われます。

2.示談終了まで時間がかかる

保険会社が提示する金額で納得すれば、時間も手間もかからずに示談交渉は終了します。

しかし、交渉がまとまらず、弁護士に示談をお願いすると示談終了まで時間がかかることがあります。

最後に

弁護士にお願いするとメリット、デメリットを取り上げてみました。

最近では「交通事故」を強く訴える弁護士事務所も増えてきています。

弁護士には、医師のような専門はないのですが、依頼をするのなら、「交通事故」の交渉に慣れたところにしたいですね。

それから、弁護士と言っても「人」ですから、安心してお願いできる「先生」そういう弁護士さんを見つけたいですね。

 

585x706_4