1180x380

交通事故治療でよくある質問や
打ち切り対策など|西東京市ひばりヶ丘

交通事故のよくある質問

Q:1,交通事故にあってしまったのですが、相手側が仕事中の交通事故の為、警察を呼ばないでお互いで示談しようと言ってきています。
応じていいのでしょうか?

A:交通事故にあった場合には必ず警察を呼びましょう。

警察から発行される事故証明がないと保険会社も対応してくれませんので、治療費・慰謝料など出ない可能性のほうが高くなります。

Q:2,交通事故の現場検証の時に、警察官の方に今回の交通事故の扱いを人身にするか物損にするか決めてくださいと言われました。

物損事故と人身事故の違いについて教えてください。

A:交通事故の種類は2つあります。

1つ目は物損事故です。
物損事故とは車や自転車、ガードレール等の施設のみの破損で怪我人のいない交通事故のことです。

 

2つ目は人身事故です。
人身事故は車やバイクに乗車中の方、歩行者等に怪我がある交通事故のことです。

 

救急搬送された場合は、人身事故とはっきりしていますが、当日は興奮状態のため痛みはなかったが、翌日、首が痛むなどがむち打ち症では多いので、警察の方は「物損事故にするか人身事故にするか決めてください」という言い方をされます。

交通事故現場で痛みや怪我がある場合にはその場で人身事故にしてもらってください。

翌日、以降に痛みが出た場合は早めに診察を受け、物損事故から人身事故に切り替えましょう。

ただし、物損事故でも保険会社は治療費や慰謝料を支払ってくれる場合もありますが、原則は人身事故にしておくことをおすすめします。

Q:3,保険会社の担当者に整骨院に通院したいとつげたら、「整形外科に通院してください」と言われました。整骨院の通院は認められないのでしょうか?

A:交通事故時の通院先の選択は患者さん本人にあります。

整骨院の通院を拒否する権限は保険会社にはありませんので、整骨院へ通院すると伝え、まずは施術を受けてください。

ただし、整形外科での診断部位に対してのみ施術が認められる場合が多いので、整形外科での診察の時に痛みのある部位をはっきりと伝え、カルテに記録として残してもらいましょう。

初回から整骨院だけに通院される場合は3ヵ月程度で施術を打ち切られる場合が多いので、むち打ちなどで症状の重い方は、整形外科の定期的な診察も受けることをおすすめいたします。

 

585x706_4