1180x380
 

むち打ちについて・むち打ちとは?

交通事故によるむち打ち症(頸椎捻挫)症状をご説明いたします。

1.頚椎捻挫型

むち打ち症の8割程度が頚椎捻挫型に分類されるといわれています。

頚椎周辺の筋肉や靭帯の損傷を伴い主な自覚症状は、頚・肩・背中の痛み、筋肉の痛み、こり、熱感、さらに頭痛や痺れが現れる場合もあります。

2.神経根症状型

交通事故の衝撃で頸の神経が圧迫されたり、引っ張られた際に神経の根本である神経根を損傷します。

症状は、痛みや、もちろんですがしびれが強くでる場合が多く、倦怠感、顔面痛、筋力低下なども見られる場合があります。

首を動かした場合や、せき、くしゃみで、しびれが増加する場合があります。

3.バレー・リュー症状型

後頚部交感神経が刺激され、自律神経障害を伴う状態をバレー・リュー症候群といいます。

自律神経には、交感神経・副交感神経があります。

主に、頭痛・吐き気・眼精疲労・目のかすみ・めまい・耳鳴り・難聴、倦怠感・集中力の低下を感じます。

4.神経根症状とバレー・リュー症状混合型

むち打ちの神経根型とバレリュー症型を合わせた症状です。

5.脊髄症状型

脊髄の損傷を伴ううむち打ちです。
主な症状は下肢の知覚異常・シビレなどで歩行障害が現れる場合もあります。

症状がひどいと膀胱直腸障害といい、排尿・排便などが困難になる症状も現れる場合もあります。

6.脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症は多彩な症状があり、主な症状としては、頭痛・頚や手足などの痛み・睡眠障害・うつ、聴力障害・視覚障害・味覚障害・血圧障害・内臓障害など多岐にわたります。

比較的新しい診断基準の為、通常の検査では見逃されてしまう場合もあります。

最後に

むち打ちといっても様々な症状がありますので、交通事故で少しでも気になる症状がある場合は整形外科や整骨院に相談しましょう。

 

 

585x706_4